ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」最終回(7話)のネタバレと感想!終り方に賛否両論!

ドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』最終回(第7話)が放送されました。

遂に、ドラマ版の逞(野村周平)と繭(桜井日奈子)の初恋の結末が描かれました。

逞は成功率の低い手術にトライすること決意しますが、果たしてその結果とは……?

最終回を見ての感想は、ベタですが感動で涙が止まりませんでした。

当記事では、ドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』最終回のあらすじのネタバレと、Twitter(ツイッター)の評判と感想についてまとめています。


ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」原作のあらすじネタバレ・前編!タクマは20歳まで生きられない?の記事はこちら
ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」原作のあらすじネタバレ・前編!タクマは20歳まで生きられない?

ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」原作のあらすじネタバレ・後編!逞の遺書全文も!の記事はこちら
ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」原作のあらすじネタバレ・後編!逞の遺書全文も!

ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」原作との違い5選!コウ様が群れてるし寮設定じゃないのが残念?の記事はこちら
ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」原作との違い5選!コウ様が群れてるし寮設定じゃないのが残念?

「僕の初恋をキミに捧ぐ」原作と映画の違い15選!逞と繭が結ばれる経緯や死因も!の記事はこちら
「僕の初恋をキミに捧ぐ」原作と映画の違い15選!逞と繭が結ばれる経緯や死因も!

ドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』照(てる)ちゃんを原作ネタバレ!映画との違いも!の記事はこちら
ドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』照(てる)ちゃんを原作ネタバレ!映画との違いも!



ドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』最終回のあらすじのネタバレ

ドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』の最終回のあらすじのネタバレをまとめていきます。

昂サマの心臓を逞に移植?



鈴谷昂(宮沢氷魚)は五十嵐優実(松井愛莉)と電話中に倒れて病院に運ばれて、そのまま脳死状態に。

昂は、心臓の臓器提供意思カードを持っていました。


その後、移植センターから電話があって、垣野内逞(野村周平)の心臓移植が決まりました。

えみ(石田ひかり)と寛貴(児島一哉)は大喜びしますが、逞の心は……。

種田繭(桜井日奈子)も逞の心臓移植を知らされて、えみは「今までごめんね、あなたはあなたなりに逞のことを心配してくれていたのに」と繭に謝りました。


そんな中、昂の手が動きますが、医者によるとそれはただの脊髄反応だという。

脳死状態でも髭や髪は伸びるし、涙を流すことさえあるそうです。

それでも、昂の母親や優実は「昂は死んでなんかない」と思うのでした。


場面は変わって、病院の屋上の逞と繭。

逞:「移植を受ける人にドナーが誰か知らせない理由がよくわかったよ」

繭:「私はたとえ先輩の命と引き換えでも、逞が助かるなら嬉しい」


逞がいなくなる


その夜、種田家に緊急電話が。

逞が「色々考えましたが移植は受けません。力を尽くして下さったのにすみません」の置手紙を残して姿を消してしまったという知らせでした。


繭と種田医師(生瀬勝久)が病院に駆け付けると、すでに逞の両親と繭もいました。

えみは「繭ちゃん、あなた何か余計なこと言ったんじゃないの?!」と繭を責めます。

そこへ、鈴谷昂の母親が昂の心臓移植を拒否したという知らせも入ります。


繭は「逞を探してきます!」と言いますが、「あなたはもう関わらないで」とえみ。

繭は「逞の居場所がわかるのは私だけです!」と叫んで飛び出しました。


逞と繭が結ばれる


Milkiさん(@disney_1228)がシェアした投稿


逞は、繭との思い出の場所にいました。

今日は星も見えなくて、お願い事も出来ません。


逞「俺が移植を受けないって言ったら、向こうも断りやすくなるんじゃないかと思ってさ」

繭:「何ばかなこと言ってるの?お父さんとお母さん喜んでくれたのに……」

逞:「結局俺は誰かを泣かせてしまうんだよ。幸せになってほしいのに泣かせてばっかり。繭のことも」


繭は逞をしっかりと抱きしめて「私は幸せだよ!ほかの人なんて関係ない。私は逞といて幸せ」と言いました。

その後2人は禁止事項を破ってホテルへ。


繭は逞にシャンプーしてあげて、逞は繭のフットネイルを塗ってあげました。

逞が「いつか映画で見てやってみたかったんだ」と言うと「私、思い出作りなんかする気ないから。逞が移植を受けたくないなら受けなくていい。でも死んでもいいなんて言ってない!」と繭。

逞が「じゃあどうしろって言うんだよ?」と聞くと「あきらめないで。ほかに方法はある!きっとある!」と繭。


逞が手術を決意


逞と繭が病院に戻ると、逞の両親と繭の両親、種田医師が心配して待っていました。

えみは逞に心臓移植を受けるように言いますが、「それはできない」と逞。

繭は種田医師に「お父さん、心臓移植以外に方法はないの?前に新しい方法だけどあまり進めないって言っていたのがあったでしょう?」と聞きました。


逞は「俺はそれを受けようと思っている」と言って、「私も賛成します」と繭。

逞の父は「俺も賛成します、逞のしたいようにしなさい。親孝行なんで考えなくていい」と言ってくれました。


逞の「お願い」はもう一つありました。

それは、繭との結婚。

逞が「俺はもうすぐ18歳になります。手術前に繭さんと結婚させてください」と言って、驚く一同(繭も知らなかった)。

「もうすぐ死ぬかもしれない俺がこんなこと言うのは身の程知らずってわかっています。一生に一度のお願いです」


繭の母・陵子(真飛聖)は「逞くんはいいでしょうよ、でも繭は」と言って「逞が死ぬとおっしゃるんですか?」とえみ。

種田医師は「俺が逞くんを死なせない!これまで10年以上も逞くんを見てきたんだ。俺は見たいよ。繭と逞くんが結婚して子供ができて……そういう未来を見てみたいよ」と言いました。

そして「……見せてくれ。手術は俺が責任を持つ」と逞の目をまっすぐに見ました。

逞が「はい」と言って、一同は2人の結婚を認めることに。


逞は繭の目を見て「結婚してくれますか」とプロポーズ、繭は「はい、よろしくお願いします」と答えました。


その後、鈴谷昂の母親が、逞の両親に会いにきました。

実は昨日逞が昂サマの病室に来て「(昂サマは)軽い気持ちでドナーカードを書いたのだと思いますよ」と言ったとのこと。

鈴谷昂の母親は「逞くんは私たちの気持ちを考えて言ったんだと思いますよ。だから私は先生に移植をお断りしますと言いました。ごめんなさい、ごめんなさい」と泣き崩れました。


そして逞の手術の日程が決まりました。

逞は昂サマの病室に行き、昂サマから勇気をもらいます。

見舞いに来ていた律は「逞は生きるよ!逞も兄貴もずっと生き続ける」と言い切りました。


逞は18歳の誕生日を迎えて写真館へ。

もし手術中に死んだら、この写真が遺影になります。


逞と繭の結婚式


@s_u_z_ugramがシェアした投稿


そして結婚式当日。

ウェディングドレスに身を包んだ繭はとても美しく、えみは繭に自分が使っていたパールのブレスレットをプレゼント。

ここにきてようやく、えみが繭を認めてくれました。

一方、逞は緊張してトイレに何度も行っています(笑)。


結婚式が始まって、司会は律。

律は昂サマのヒョウ柄のジャケットを着ています(病室の昂サマもヒョウ柄のスカーフ)。


逞と繭が入場して、結婚証明書にサイン。

証人の欄には、鈴谷昂の署名捺印がありました。

昂サマすげえよ、2人が結婚すること予見していたんだもんな

もう涙が止まらない。

そして2人の誓いの言葉。

逞:「私垣野内逞はなるべく長く生きる努力をし、繭が無茶をしないように、時になだめ、時に支え、誰よりも彼女の一番の味方になり、寄り添い、愛し抜くことを誓います」

繭:「私種田繭は、なるべく短気を起こさず、ひとりで抱え込みがちな逞を時に励まし、時に叱咤し、どんな時もあきらめず、愛し抜くことを誓います」


そして2人が両親に今までの感謝を述べ、律が「この結婚に反対の者は名乗り出よ!さもなくば永遠に沈黙せよ!」と叫びました。

律、かっこいいぞ~!

誰も異論を唱える者はおらず、逞が繭に誓いのキス。


逞の遺書


トトロさん(@nene_jk.peach)がシェアした投稿


迎えた手術当日。

繭が逞の病室にやってきて「記念に一枚」と一緒に写真撮影。

繭:「死んだらぶっ殺すからね」

逞:「じゃあ死ねないな」

逞は繭に「手術の間、暇だろ?後で見て」と箱を渡しました。


そして逞は手術室へ。

逞は繭の方を見てサムズアップして、繭もサムズアップ。


手術が始まって、繭は屋上へ。


逞がくれた箱の中には「遺書」が入っていました。

繭へ

いきなり遺書なんて驚かせてごめん。

別に死ぬつもりはないんだけど、万が一死んだら書いとけばよかったって後悔しそうなので書いておきます。

同封した写真は、もしもの時は、遺影として使ってください。

なんか死ぬことばっかり言ってるみたいだけど、泣かないで。

だって僕、幸せだから。

精一杯生きたから。

でももし助かったら、やりたいことがたくさんある。

繭と一緒に卒業式に出たい。

繭と一緒に大学に行きたい。

繭と一緒にスノボをしたい。

繭にプールでキスしたい。

繭と思いっきり走り回りたい。

また2人で流れ星に願い事をしてキスしたい。

とにかくいろんな場所で繭にキスしたい。

でももし僕が死んでしまったら、他の誰かと恋をしてください。

そして僕の代わりにその誰かと夢を叶えてください。

でも心配はいらないよ。僕らの初恋はきっと永遠に輝き続けるから。

あの夜に見た星のように。

この遺書を書きながら、逞は「繭を誰にも渡したくない。死にたくない」と泣きました。

繭は遺書を読んで、遺書を抱き締めながら泣きました。


その後。

繭は制服姿でひとりで屋上のベンチに。

「繭」と呼ぶ声が聞こえて、笑顔で振り向くと……。


ドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』最終回のTwitter(ツイッター)の評判と感想

ドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』最終回のツイッターの評判と感想を見てみましょう。

終わり方に賛否両論!手術は成功したのか?








逞の手術ですが、成功したのかどうか曖昧です。

手術後、繭がひとりで病院のベンチに座っていて「繭」と呼ばれて振り向くというラスト。


おそらくこの声は逞のものだと思うので、手術が成功したのでしょうか?

う~ん、筆者にはどちらなのか判断つきかねます。


ちなみに原作漫画と映画では……

・漫画

漫画の逞も成功率が低い手術を受けます。

逞の手術中に繭が遺書を読み、遺書には「死んだら別の人と恋をしてください」と書かれているのはドラマと同じ。

手術が成功したかどうかはぼかしてあるラストで、逞の妄想(又は現実?)の中で繭との間にに子供がいるところで終わっています。


・映画

映画では、逞に成功率が低い手術の話はきません。

昂の心臓移植の話が立ち消えになったあと、逞は何度目かの心臓発作で病院に運ばれます。

そして逞の担当医で繭の父親は「これが最後だと思ってください」と家族と繭に告げます。


しかし逞は奇蹟的に目を覚まして、繭と新婚旅行へ。

遊園地で絶叫マシーンに乗り、一緒にパスタを食べて、砂浜を歩きます。

満員電車に乗り、木陰でキスもします。


繭は「本当に楽しかった、こんな日がまた来るといいね」と言いますが、「繭、本当に楽しかった、今までずっと。ごめんな、約束守れなくて。四ツ葉のクローバーの神様もそろそろ病院に戻ろう」と逞。

逞は幼い頃に書いてお守り代わりに持っていた「遺書」を繭に渡して、帰らぬ人となりました。


繭は病院の屋上に行って、遺書を読みます。

そこには「だいすきなみんなへ ぼくがいなくなってもしあわせになってください」と書かれていて、幼い頃に逞がみつけた四ツ葉のクローバーが貼ってありました。


後日、繭は逞の両親から遺骨を渡されました。

逞の母親は「繭ちゃん、今までずっと言いたかったんだけどありがとう。息子に恋を経験させてくれてありがとう」と笑顔でした。

繭はウェディングドレスを着て逞の遺骨を胸に抱いて、教会でバージンロードをひとり歩きます。

ドラマのラストは原作とも映画とも違って、逞らしき男の人が繭を呼ぶ声で終わりました(でも原作寄りの終わり方)。

原作同様はっきりしない終わり方に「どうせドラマにするなら最後ちゃんと終わらせてくれればいいのに。」「ドラマ版もラストにごしたのかぁぁぁぁぁぁぁぁ」「結末がはっきりしない終わり方ほんっっとモヤモヤする!いやだ!!なんで!!」など否定的な声もありましたが、「モヤモヤするけどああいう終わり方大好き…あそこで1番泣いた( ; _ ; )( ; _ ; )」など肯定派も。


個人的には、悪くない終わり方だと思いました。

逞が生きているのかはっきり知りたい気持ちはあるのですが、儚くも永遠を感じさせる初恋のラストは想像に任せるぐらいがいいのかもしれません。

逞が生きていたにせよ亡くなったにせよ、2人の初恋は尊く、繭の中で逞が生き続けるのは間違いないのですから。


そして昂サマもいつか目を覚まして欲しいです。

このままじゃ五十嵐ちゃんが可哀そう(>_<)

目を覚ますと信じたいです。


すごい良かった







終わり方に賛否両論があったものの、全体的な感想は「いいドラマだった」「淡い光にずーっと包まれてキラキラ最高の純愛ドラマ」「生と死について考えさせられた」など感動の声が多数でした。

特に、野村周平さん演じる逞が遺書を書くシーンは、逞の「生きたい」「繭を他の奴に渡したくない」という気持ちが伝わってきて号泣した人が相次ぎました。

「逞くんを死なせない!」と言い放った繭パパもカッコよすぎでしたね~( ;∀;)


野村周平さん、本当に名演技でした。

そしてドラマ版・繭を演じた桜井日奈子さんは最初から最後まで元気で可愛かったです。


生と死、当たり前だと思っていたことが実は尊いことを感じさせてくれる素晴らしいドラマでした。

これからは、1分1秒を大事に生きたい……。

そう思わせてくれました。

まとめ

ドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』最終回(第7話)のあらすじのネタバレとツイッターの評判と感想をまとめました。

二度、三度と見返して、じっくり噛みしめたいドラマでした。


ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」原作のあらすじネタバレ・前編!タクマは20歳まで生きられない?の記事はこちら
ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」原作のあらすじネタバレ・前編!タクマは20歳まで生きられない?

ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」原作のあらすじネタバレ・後編!逞の遺書全文も!の記事はこちら
ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」原作のあらすじネタバレ・後編!逞の遺書全文も!

ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」原作との違い5選!コウ様が群れてるし寮設定じゃないのが残念?の記事はこちら
ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」原作との違い5選!コウ様が群れてるし寮設定じゃないのが残念?

「僕の初恋をキミに捧ぐ」原作と映画の違い15選!逞と繭が結ばれる経緯や死因も!の記事はこちら
「僕の初恋をキミに捧ぐ」原作と映画の違い15選!逞と繭が結ばれる経緯や死因も!

ドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』照(てる)ちゃんを原作ネタバレ!映画との違いも!の記事はこちら
ドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』照(てる)ちゃんを原作ネタバレ!映画との違いも!