『姉ちゃんの恋人』最終回結末をネタバレ予想!桃子の愛が真人(林遣都)の心の傷を癒す?

※当ページは、5話放送後に追記しました。

有村架純さん主演ドラマ『姉ちゃんの恋人』最終回結末をネタバレ予想!

肝っ玉姉ちゃん・安達桃子(有村架純)と、気弱な青年・吉岡真人(林遣都)の恋の行方から目が離せません。

お互いの家族も巻き込んで、最終回はどんな結末を迎えるのでしょうか?

当ページでは、『姉ちゃんの恋人』1話~最終回までのネタバレと考察、最終回予想についてまとめています。

『姉ちゃんの恋人』2話のネタバレと感想!真人(林遣都)の前科は父親殺し?

2020年11月4日



『姉ちゃんの恋人』1話のネタバレと考察、判明した事実



ネタバレ
安達桃子(有村架純)は、両親を事故で亡くして以来、ホームセンターで弟3人のために9年間働いてきた。

ある日、桃子の地球儀のストラップが切れるが、直してくれたのは桃子と同じホームセンターの配送部の吉岡真人(林遣都)だった。


桃子は、クリスマスイベントのリーダーに抜擢される。

そのミーティングには、真人の姿もあった。


真人の意見は「クリスマスに独りぼっちの人や傷ついている人も来れたらいいな。それから本物のもみの木」で、桃子の意見と全く同じだった。

桃子のタイプは『心が通じ合う人』だったので、それ以来真人のことが気になる。


桃子は、幼なじみの浜野みゆき(奈緒)とコンビニ前でアイスを食べる。

旅行会社勤務のみゆきは、コロナ禍で仕事がなくなって大変だったとのこと。

国からの給付金・10万円も、くすねられそうになったとのこと。


桃子は、末弟のサッカーの試合でエキサイトして、レッドカードを切られてしまう。

たまたま通りかかった真人は、その現場を目撃。


桃子と真人は、話しながら歩く。

桃子は、弟たちを幸せにすることが自分の夢だと語る。

真人は、3年前に父親に先立たれて母親と2人暮らしで、母親を幸せにしたいと言った。


桃子:「吉岡さんみたいな人は、バキバキした人と付き合った方がいいんじゃないですか、私みたいな

真人:「ええっ」

桃子:「たとえばですよ」


判明した事実と考察
1話で判明した事実は以下の通り。

  • 真人は前科者である。
  • 真人の母・貴子(和久井映見)は真人を心配している。
  • みゆきは、家庭環境に問題アリ?

桃子と真人のほのぼのした出会いに、癒されました。

しかし真人には前科があるので、2人の恋は前途多難です。

『姉ちゃんの恋人』2話のネタバレと考察、判明した事実



ネタバレ
クリスマスレイアウトの予算案が、無事通過。

桃子(有村架純)たちは、レイアウトチェンジをするハロウィンの日に向けて動き出す。


前科を持つ真人(林遣都)だが、いつになくウキウキ。

人と何かをやる喜びを感じていたからだった。


桃子は弟たちの前でも、真人への恋心が隠せない。

真人もまた、桃子への気持ちを募らせていた。


そんな中、桃子が仕事でミスをして、真人の車でお客さんの家へ。

真人は、桃子が高校生の時に両親の事故現場を目撃して以来、車が怖いことを知る。

真人は、桃子に触れようとしたが、自分の右手を見てやめた。


その夜、日南子(小池栄子)がバーで一人飲み。

偶然隣の席に座った悟志(藤木直人)と運命的な出会いを果たす。

そして迎えたハロウィンの日。

『姉ちゃんの恋人』2話のネタバレと感想!真人(林遣都)の前科は父親殺し?

2020年11月4日


判明した事実と考察
2話で判明した事実は以下の通り。

  • 真人には、一緒に暮らす父親がいたが、現在はいない。
  • 真人は、右手で犯罪を犯した可能性が高い。
  • 真人は、暗闇で犯罪を犯した可能性が高い。
  • 桃子は、高校生の時に両親の交通事故現場を目撃していた。
  • 桃子は、今でも車が怖い。

桃子の弟・和樹の「姉ちゃんを傷つける奴がいたら許さない、絶対に」にキュンとくる一方、ちょっと怖かったです。

これは、デリケートな真人にとっては強敵になりそうな弟ですね。

『姉ちゃんの恋人』3話のネタバレと考察、判明した事実



ネタバレ
クリスマスレイアウトチェンジの徹夜作業が、無事終わった。

ツリーのイルミネーションに電気を流した瞬間、桃子(有村架純)も真人(林遣都)も涙を流して感動。

2人でカフェに行って乾杯してそのまま寄りかかり合って眠って、いいムードに。


しかし過去に傷を持つ真人は、桃子と距離を置く。

桃子は落ち込み、お得意の鼻歌も歌わなくなった。


日南子(小池栄子)と悟志(藤木直人)はいいムード。

和樹(高橋海人)はみゆき(奈緒)に「初恋の人なんだ」と告白。


悟志と距離を縮めたい日南子が、桃子にwデートを提案。

その頃、真人は病院で過去の出来事を思い出していた。

『姉ちゃんの恋人』3話のネタバレと感想!真人の過去回想シーンのカオリはモトカノ?

2020年11月11日


判明した事実と考察
3話で判明した事実は以下の通り。

  • 真人(林遣都)は酒を飲まない。
  • 桃子(有村架純)は酒が好きで陽気になる。
  • 桃子の鼻歌が「恋をしようよベイベー」からJUJUの「守ってあげたい」に変化、その後歌わなくなった。
  • みゆき(奈緒)は、ちょっともろもろ辛いけどまだ言いたい時ではない。
  • 日南子(小池栄子)は、付き合ったら別れたくない主義。
  • 和樹(高橋海人)の初恋の人はみゆきで今も好き?
  • 回想シーンで、真人(林遣都)は警察に連行されて「カオリ」と叫んでいた。

3話は、和樹の泡舐めが衝撃的でした。

和樹、年上キラー過ぎる。

『姉ちゃんの恋人』4話のネタバレと考察、判明した事実



ネタバレ
桃子(有村架純)は、3人の弟たちに、同じ職場の吉岡真人(林遣都)に恋をしていると告白。

弟たちは「そいつ、本当にいい奴なのかよ」「姉ちゃんを泣かせたりしない」と本気で心配して、桃子は胸が熱くなる。


みゆき(奈緒)は、遂に悩みがパンクしそうになって、桃子に「話聞けェ」とメッセージ。

そこへ和樹(髙橋海人)が現れて、みゆきの手を引いてこの間のカフェへ。

和樹は「恋人を前提とした仲良しになろうよ」と言ってきて、みゆきは神への冒瀆と思いつつ断れない。


真人が、過去を回想する。

真人は、恋人のカオリを守るために、男2人と戦った。

男たちは、カオリを暗がりに連れ込んで襲おうとしたのだ。


その後、真人は逮捕された。

カオリは、男たちに襲われてないと嘘の供述。

その結果、真人は懲役2年の実刑判決を受けた。


迎えたバーベキューの日。

メンバーは、桃子、真人、日南子(小池栄子)、悟志(藤木直人)。


日南子は「どんな女性が好きですか」と悟志に質問。

悟志は、家庭で愛されなかった経験から、自分を愛してくれる人が好きと答えた。


桃子は、真人に愛の告白。

「吉岡さんは、あたしと付き合った方がいい!告白は以上です」

そこへ桃子の叔父・河上菊雄(光石研)がタクシーで通りかかって、2人が一緒にいるのを見てしまう。

『姉ちゃんの恋人』4話のネタバレと感想!真人(林遣都)の過去が辛すぎる!

2020年11月18日


判明した事実と考察
4話で判明した事実は以下の通り。

  • 和樹(高橋海人)はみゆき(奈緒)のことが今でも好き。
  • 和樹がみゆきを好きになったのは、中学1年生の時。
  • 真人は、男2人に重症を負わせた罪で懲役2年の判決を受けた過去があった。
  • 恋人カオリを助けるための正当防衛だったが、カオリがそれを否定した。
  • 悟志は、家庭であまり愛されて育っていない様子。

桃子の弟・和樹の「恋人を前提とした仲良しになろうよ」など年上キラーなセリフが多数炸裂。

4話は真人の胸糞な過去も明らかになって不穏な空気が漂っていますが、和樹&みゆきカップルだけは楽しく見ていられそうです。

『姉ちゃんの恋人』5話のネタバレと考察、判明した事実



ネタバレ
桃子の告白に対して、真人は困ったような顔を見せた。

桃子は返事を待つが、真人はいっこうに連絡をくれない。

桃子は、フラれるのではないかと不安になっていく。


親友のみゆきに相談すると、みゆきは鍋いっぱいのおでんをごちそうしてくれた。

みゆきは和樹との付き合いをスタートしているが、まだ桃子には言えない。


真人が、助っ人として、桃子たちの野球の試合に参加。

高校時代に野球もサッカーもしていた真人は、カッコよく活躍。


真人に惚れ直した桃子だが、ネットで真人の傷害事件の記事を見つけて呆然。

真人は桃子に、過去の事件について告白。

自分は、桃子にふさわしくない男だと言った。


判明した事実と考察
5話で判明した事実は以下の通り。

  • 真人は、カオリの嘘の供述(=襲われてない)を受け入れて、自分だけが悪者となった。
  • 真人の父親は自殺した。
  • 真人の保護司の川上は、真人が桃子と付き合うことに賛成できない。
  • 悟志はここ最近、仕事を休んでいた。

桃子の弟・和樹とみゆきの恋がスタートしましたが、まだ桃子には言えません。

真人の前科が判明して事態が深刻になったので、ますます言えなくなりそうですね。

『姉ちゃんの恋人』最終回結末をネタバレ予想

『姉ちゃんの恋人』最終回結末をネタバレ予想します。

脚本は岡田惠和


『姉ちゃんの恋人』の脚本家は、岡田惠和さん。

最近では『セミオトコ』の脚本も担当した、ラブコメディーに定評がある脚本家さんです。


主演の有村架純さんは、岡田さんの作品に出演するのは6作目。

主演作は、2017年の連続テレビ小説『ひよっこ』、2019年のwowowドラマ『そして生きる』に続く3作目。


有村さんと岡田さんの相性の良さは、『ひよっこ』でお墨付き。

最強のタッグで、岡村さんお得意の素敵なラブコメを見せてくれるはずです。


最終回予想は、桃子と真人のハッピーエンド。

現代の傷ついた若者の恋愛が丁寧に描かれて、結末は地味だけど希望に満ちたものになると思います。



岡田作品ならではの、嘘くさくない真実の愛が描かれるのではないでしょうか。

涙を誘う名言もたくさん飛び出しそうです。


桃子と真人の恋の結末


桃子は、仕事に邁進するカッコいい姉ちゃんですが、恋愛にはご無沙汰&不器用。

真人は、真面目で実直な青年ですが、前科があって心に傷を負っています。


1話で、2人のクリスマスイベントに対する意見が一致。

価値観が似ている2人は意識し合うことになりますが、今後はどうなるのでしょうか?


桃子は“肝っ玉姉ちゃん”的な明るい性格ですが、真人は陰気な性格。

この性格の違いが、時に大きな誤解を生みそうな予感。


そして真人は、すでに幸せになるのをあきらめているかのような雰囲気。

さらに真人の母親や桃子の弟たちの心配&邪魔が、2人の恋の行く手を阻みそうです。


桃子の大きな愛が真人を救う


4話で桃子は「起こってしまったことはしょうがない。その後どう生きるかです」と真人に言いました。

真人は、自身の経験を思い出してハッとします。

桃子なら、真人の過去を受け止められるのではないかと思います。


5話で、桃子が真人の過去の事件について知ってしまいました。

それでも桃子は、真人が悪い人だとは思えません。


そりゃそうです。

本当は真人は正当防衛なんだから。

どうか、桃子にそのことに気が付いて欲しい。

『姉ちゃんの恋人』最終回までの考察ポイント

『姉ちゃんの恋人』最終回までの考察ポイントをまとめます。

2話で桃子の過去とトラウマが判明



2話で、桃子の過去とトラウマが判明。

なんとご両親は、高校生の桃子の目の前で事故に遭って無くなってました( ;∀;)

そのせいで桃子は、今でも車に乗るのが怖いのです。


真人(林遣都)の前科と心の傷とは?



2人の恋の障害になりそうな、真人の前科と心の傷が気になります。

真人の過去に関わっているポイントは以下の3点。

  • 震える右手
  • 暗闇
  • 父親

2話で、真人が父親と母親と3人で家族写真を撮ったことを思い出します。
  • 1枚目:プレゼントを抱えた未成年の真人の両側に父と母
  • 2枚目:成人した真人の両側に父と母

「桃子の過去と真人の前科が関わっているのでは?」の声もありますが、それだけはやめてほしい。

悲しすぎます( ;∀;)

以下、4話で真人の過去が判明しました。

 ↓ ↓ ↓

4話で真人の過去が判明


4話で、真人の過去が判明。

  • 真人とカオリが、夜の街をイチャイチャしながら歩いていた。
  • 2人組の男と肩が当たるが、真人は謝った。
  • ところが男たちはカオリを暗がりに連れ込み、真人を殴った。
  • カオリが襲われるのを見た真人は「どうかやめてください」と必死で説得。
  • しかし2人は襲うのをやめなかったため、真人はそばにあった木の棒を右手に取ってメチャクチャに殴ってしまう。
  • 気が付くと、血まみれの男2人が倒れていて、カオリの悲鳴が響き渡った。

真人、恋人のカオリを男2人から守るために、必死で戦ったんですね。

男2人のやり方は卑劣そのものなので、これは正当防衛ではないでしょうか?


しかし真人は逮捕されて、信じられない事実を知らされます。
カオリが、男たちに襲われてなんかないと供述。

警察は、事件当夜酔っぱらっていた真人が、暴れたと判断。

男2人は死には至ってないけれど、かなりの重症でした。

その結果、真人は執行猶予なしの懲役2年。


真人の心の傷とは恋人に裏切られたこと?


真人の重い過去にSNSは大騒ぎとなりました。











真人はカオリを守るために戦ったのに、そのカオリに裏切られるって、報われなさすぎです。

カオリからすると、襲われたことを人に知られたくないなど、女性ならではのデリケートな気持ちがあったのかもしれません。


しかしそのせいで、恋人が懲役2年になって良心は痛まなかったのでしょうか?

何より、真人の心には恋人に裏切られた傷が残ってしまいますよね。

もしかすると、人を傷つけた痛みよりも恋人に裏切られた傷の方が痛いかもしれません。


5話で真人が、カオリの嘘を受け入れたことが判明。

真人の優しさ故のことなのでしょうが、そのせいで真人は完全な悪者の烙印を押されてしまいました。


真人の父親が自殺していた


5話で、真人の父親が自殺していたことが判明。

これは真人にとって、重い十字架です。


日南子と悟志の恋の結末


2話で、日南子(小池栄子)が悟志(藤木直人)と運命の出会いと再会を果たしました。

日南子が今まで顔のイイ男で痛い目にあってきたのが気になりますが、悟志の方もまんざらでもなさそう。


3話で、日南子が「私と付き合ったら別れますか?」と悟志に大胆質問。

ペットと同じで一度付き合ったら別れたくないとのことですが、日南子の気持ち同じ女性としてわかるな~。

悟志の返事は「日南子ちゃんのことはまだよく知らないけど、この人だと思った人とは添い遂げたい」と百点満点の答え。


バーベキューの日、日南子は「どんな女性が好き?」と悟志に質問。

悟志の答えは「俺が好きなのは、俺のことを好きでいてくれる人。

それが一番かな。

理想的な人があらわれて、振り向かせてやるとか苦手。

家の中で誰にも愛されていなくてさ、俺の存在はなんで生まれてきたんだよって感じだったからさ」というもの。

日南子は思わず泣いてしまいます。

悟志の過去も気になりますよね。

5話で悟志は仕事を数日休んでどこかへ出かけていました。


和樹の初恋がみゆき


3話で、和樹の初恋がみゆきだったことが判明。

バイト代でみゆきに珈琲をごちそうするとか、可愛い。


みゆきは何か悩みを抱えているようですが、和樹の告白でちょっと気持ちが軽くなったみたいで良かった。

和樹がみゆきの口元から泡を拭って舐めたシーンは、ドキドキ!


4話で和樹が「恋人を前提とした仲良しから始めよう」と言って、みゆきが「よろしくお願いします」。

この2人の恋からは目が離せなくなりそうです。可愛い!

『姉ちゃんの恋人』今後のキーパーソンはこの人

※物語のネタバレになるのでご注意ください。


『姉ちゃんの恋人』のキーパーソンはこの人です。


川上菊雄(光石研)は、真人(林遣都)が信頼を寄せる保護司。

しかしこの人、実は安達桃子(有村架純)のおじでもあるのです。

この事実が明らかになったら、どうなるのでしょうか?


4話で、川上が桃子と真人が一緒にいるところを見てしまいました。

果たして、川上は2人の恋を応援してくれるのでしょうか?


5話で川上が、真人の母・貴子に自分の思いを激白。

「真人のことが大好きだし信頼しているけれど、自分の姪である桃子と付き合うのかと思うと、当惑してしまう」

川上は桃子が両親を亡くして苦労した姿を見てきているので、そう思うのも当然ですよね。