『天国と地獄』1話のネタバレと感想!日高が歩道橋から月を眺める理由は?

『天国と地獄』1話のネタバレと感想!被害者の手の平の文字Φ(ファイ)の意味とは?

正義感が強い刑事・彩子(綾瀬はるか)と猟奇的殺人鬼・日高(高橋一生)の魂が入れ替わっちゃう、究極のスイッチエンターテインメント!

ゾゾッとするほど怖い綾瀬さんと、可愛すぎる高橋さんに注目です。

当ページでは、以下の3つについてまとめています。

  • 『天国と地獄』1話のネタバレ
  • 『天国と地獄』1話で判明した事実と考察ポイント
  • 『天国と地獄』1話のTwitterの評判と感想まとめ

『天国と地獄』2話のネタバレ考察と感想!暗闇の清掃人Φの作者は陸(柄本佑)?

2021年1月25日

『天国と地獄 〜サイコな2人〜』最終回結末をネタバレ予想!日高は「歩道橋の彼女」をかばっている?

2021年1月12日

『天国と地獄 〜サイコな2人〜』真犯人が日高じゃない理由を徹底考察!黒幕に洗脳されている?

2021年1月12日



『天国と地獄』1話のネタバレ


正義感の塊・望月彩子(綾瀬はるか)


冒頭では、望月綾子(綾瀬はるか)が奄美大島の海岸にたたずむ。

まるい石を拾うが、後ろから日高陽斗(高橋一生)が……?

「今宵は新月。月はない。世界が生まれ変わる夜」のナレーション(by高橋一生)。


場面は、豪邸にチェンジ。

日高陽斗(高橋一生)が、漫画の男の子と同じ手口で田所仁を殺す。

遺体の口にパチンコ玉を詰め込みながら「お前は金が好きなんだろう。大好きな金を食らいながら死んでいくお前は幸せ者だ」と語りかける。


望月彩子(綾瀬はるか)は、正義感が強い、猪突猛進な刑事。

憧れの捜査一課にやっと異動できたが、無実の被疑者を拘束して訴えられそうになるなど失敗が多いため、周りの刑事から煙たがられている。


特に主任刑事の河原三雄(北村一輝)は、彩子に「セクハラ発言」連発。(ついたあだ名はセク原)

彩子の相棒の八巻(溝端淳平)は、典型的な「事なかれ主義」で頼りにならない。


七番町デンデン社長宅殺人事件


そんなある日、綾子は猟奇的殺人事件の現場に一番乗り。

頭を潰された被害者は椅子に座らされて、口内にパチンコ玉を大量に詰められていた。

彩子は、現場の妙な清涼感に違和感を感じる。

しかし別に洗浄剤の匂いはしない。


捜査会議で、事件を整理。
  • 被害者は、田所仁・56歳。
  • 関西を中心にパチンコ店とネットカフェを経営する、エンタープライズ「デンデン」の代表取締役。
  • 第一発見者は、ヘルパーの女性。
  • 犯人は玄関の傘立ての下の置き鍵を使って、侵入。
  • 玄関の防犯カメラは、記録媒体のSDカードが盗まれている。
  • 死亡推定時刻は、1月13日の23時~翌1時の間。
  • 凶器は、撲殺痕から「丸い石のようなもの」と推察。
  • 犯人は、田所の死後に安楽椅子に座らせ、口内にパチンコ玉を詰め込んだ。
  • 現場に犯人の指紋がなかったことから、犯人はあらかじめ手袋をしていたと考えられる。
  • 遺体の手の平にΦ(ファイ)のマーク。
河原は、遺体の手の平のΦ(ファイ)のマークから、3年前の法務省官僚・一ノ瀬正造殺しと同一犯ではないかと疑う。

その事件も、撲殺された被害者が安楽椅子に座らされて、口に六法全書を突っ込まれていて、手の平にΦのマークが書かれていた。

官僚殺しの犯人は捕まっておらず、つまり今回の事件と合わせて連続殺人事件の可能性が出てきた。


焼却炉に、血の付いた衣服を投げ込む日高。

凶器の石を手に取るが……?



その夜、歩道橋から夜空を見上げる日高。

今日は、三日月。


容疑者は、ベンチャー企業の社長・日高陽斗(高橋一生)


捜査から外された彩子は、同居人のヒモ男・渡辺陸(塚本佑)に八つ当たり。

しかし清掃現場でアルバイトをしている陸のおかげで、匂いのない業務用の特殊洗浄剤(バニッシュ・ワンダー)がこの世に存在することが分かる。


その洗浄剤の製造元は、創薬ベンチャー企業のコ・アース社。

このコ・アース社のサンプル9が、事件現場の床の付着物の成分とビンゴ!


偶然にも、綾子はコ・アース社の社長・日高陽斗と先日電車で会っていた。

日高は、マスクを忘れた彩子に自社のサンプルマスクをくれたのだ。


彩子は、以下の2つの理由から日高が犯人だと睨む。

  • 日高がニュースに流れていない情報(=被害者が一人暮らし)を知っていた。
  • 被害者の死亡推定時刻に、日高は夜中なのに3時間も散歩していた。(しかし日高は、著書に散歩について書くほどの散歩好き)


彩子は自分こそが日高を捕まえると意気込むが、河原(北村一輝)に捜査担当を取られてしまう。

しかし「手柄かっさらい返してやる!」と意気込む彩子は、単独行動を開始。


彩子は、犯行が起こったのが夜であることから、夜に現場付近を捜査。

しかし日高の自家用車も、日高自身の痕跡も掴めなかった。

もちろん、どの防犯カメラも避けながら現場付近に辿り着くのは不可能ではないけれど……。


その後、捜査は難航。

日高と被害者の接点は見つからず、物証も目撃証言も出ない。



河原が違法捜査で掴んだ情報とは?


そんな中、河原は違法捜査で、日高のマンションの防犯カメラ映像を見ることに成功。

日高は一度帰宅した後、23時過ぎに外出して、翌2時6分に帰宅していた。(川原は日高のスニーカーだけ見て、日高と判断)

これなら十分に犯行を行える!


その後、タクシーのドライブレコーダー情報によると、
  • 事件当夜、自宅から15分程度のところでタクシーを拾った日高は、23時47分に現場から10分程度の四谷三丁目の交差点で下車。
  • タクシー運転手によると、下車後日高は犯行現場方面に消えて行った
ことが判明!


八巻が河村にナイスアシスト!日高のボストン時代の犯行とは?


それでも上層部は「もう一発確証がないと、日高が犯人とは断定できない」と渋る。

捜査会議の重苦しい空気に耐え切れなくなった八巻(溝端淳平)は、日高がボストン時代にも、シリアルキラー(連続殺人犯)として警察に疑われたことを話す。


それは、日高が友人の男と2人で、3人の女性を連続強姦殺人したのではないかと疑われた事件。

共犯の男は失踪し、日高も証拠不十分で釈放された。

事件後、日高は司法の手から逃げるように帰国した。

(実はこのネタは、綾子から絶対に話すなと釘をさされていた)


この八巻の情報提供のあかげで、明日日高の家にガサ入れ決定となる。

彩子は、河原のアシストをした八巻を怒鳴りつける。


河原は、八巻は悪くない、自分の手柄に固執する彩子の方がおかしいと反論。

痛いところを突かれた彩子は、(犯行後と思われる)日高が映った監視カメラの映像を河村に渡すしかなかった。

(日高は、25時16分に現場から10分程度のシアバイクのポートから借り出して、25時48分に自宅から20分程度のポートに返却している)


これで、日高が犯行現場にタクシーで行き、シアバイクで帰宅したことが証明できる。

河村は「ありがとさん」と彩子に礼を言った。


彩子に起死回生のビッグチャンス


その夜、河原に完敗した彩子の元に、鑑識からビッグニュースが!

なんと、パチンコ玉から微量の革(カーキ色)の成分が出たとのこと。

彩子は、電車で会った日高が革のカーキの手袋をしていたことを思い出す!


彩子は「手柄を奪い返しに行くよ!」と八巻と共に、日高の元へ。

目的は、明日のガサ入れ前に日高を自首させて、物証として手袋も差し出すこと。(もし成功したら表彰もんだ!)


日高は、会食の後、タクシーで歩道橋の上へ。(今日は満月)

そこへ彩子がズカズカ乗り込むが、日高は証拠となるカーキの手袋を歩道橋から捨てた。(手袋はトラックの荷台の上に)


彩子は、八巻にトラックを追うように指示して、自分は日高を不法投棄の現行犯で逮捕しようとする。

しかし2人でもみ合いになり、階段を転がって落下。

(満月がごろんと落ちたような映像)


冒頭の奄美大島の綾子の続き。

後ろにいた日高が彩子から丸い石を奪い、綾子に向けて振り下ろす?


彩子と日高の魂が入れ替わる


病院で目覚めた彩子は、自分の体が日高になっていることに気付いて驚く。

そして日高は「私はどこまでついているんですかねえ~」と彩子になった自分の顔を鏡に映していた。


八巻は、目の前の綾子が日高だと気付かず、手袋を載せたトラックのナンバーを控えたと報告。


彩子となった日高は「知ってますか?本当は月は太陽に、太陽は月になるはずだったんですよ。

でも、シアカナローの花を盗んだから、月は太陽に、太陽は月になった。

運命が入れ替わってしまったんですよ。そういう言い伝えがあるんです」と八巻に語る。


日高となった彩子は、日高の鞄から凶器と思われる丸い石を発見。

彩子となった日高は、自分の言うことを聞かないと逮捕すると、壁ドンして彩子を脅迫。

完全不利となった綾子は、どうなるのか?

『天国と地獄』1話で判明した事実と考察ポイント


田所殺害の犯人は日高


1話で、田所殺害の犯人が日高であることが判明。

日高は犯行当日、タクシーで現場近くまで乗り付け、そこから徒歩で田所宅へ。

犯行後、シアバイクで自宅近くまで戻ったのでした。


日高の謎の行動4つ:歩道橋から月を眺める理由は?


➀綺麗好き

日高は、殺人現場の床を磨くほどの綺麗好き。

掃除に自社製品を使うなど、神をも恐れぬ度胸です。


➁凶器の丸い石を捨てなかった理由は?

日高が自らの犯行の決定的証拠である凶器の石を、捨てずに鞄に入れていたのは何故なのでしょうか。

血が付いた洋服は、焼いて捨てたのに。


➂歩道橋から夜空を眺める理由は?

日高が、歩道橋から月を眺める理由は何なのでしょうか?

日高は、新月の日に田所を殺害しています。

月の満ち欠けと殺人が関係あるようですね。


そして日高が八巻に語ったのは、奄美大島に古く伝わる「月と太陽」の伝説です。

「知ってますか?本当は月は太陽に、太陽は月になるはずだったんですよ。

でも、シアカナローの花を盗んだから、月は太陽に、太陽は月になった。

運命が入れ替わってしまったんですよ。そういう言い伝えがあるんです」


④被害者の手の平のΦ(ファイ)の意味とは?

日高が被害者の手の平に書いた文字Φ(ファイ)については、以下の記事に詳しくまとめています。

『天国と地獄 〜サイコな2人〜』真犯人が日高じゃない理由を徹底考察!黒幕に洗脳されている?

2021年1月12日

彩子が奄美大島の夢を見た理由は?



彩子は、日高と出会うまでに、日高との夢を見ています。

彩子は丸い石を拾い、後ろにいた日高がそれを奪って彩子に振り下ろそうとしています。

彩子と日高は、いったいどんな関係なのでしょうか。

入れ替わったのは偶然、それとも必然?


日高以外にも怪しい登場人物がいる


このドラマ、日高以外も怪しい人物がいっぱいいます。

一人目は、彩子のヒモ・陸(塚本佑)。

陸がベランダから出勤する彩子を見送るシーン、少し音楽がサスペンスタッチに変わりました。(確認してみてください)


二人目は、日高の友人・九十九聖(つくも・きよし)。

もしかして、九十九が日高の共犯だったりして。

『天国と地獄』1話のTwitterの評判と感想


綾瀬はるかと高橋一生の「入れ替わり後」の演技が上手い






高橋一生さんの女子演技が、凄かったです。

入れ替わって目が覚めた時の手の仕草から、彩子(綾瀬はるか)!


綾瀬はるかさんの、サイコパスな笑顔もいいですね~。

完璧な美人の笑顔って、凄味があって怖いですからね。


入れ替わりのドラマや映画は出尽くしているんじゃないか?と思われるほど多いですが、刑事と犯人の入れ替わりは深刻です。

このまま元に戻らなかったら、彩子は殺人犯として一生生きて行かなければなりません。


そんな綾子のあだ名は、ベッキー望月(笑)。

理由は「~べき」が口癖だからということですが、おもしろすぎです。

入れ替わった後の彩子(中身は日高)が色っぽくて、ゾクゾクしちゃいました。


地味だけど八巻のキャラが最高



地味だけど、八巻のキャラが最高~!

夜の捜査には参加しないくせに、アメリカにいる日高の知り合いを当てるとか、ナイス過ぎです~!

これから中身が日高の彩子と捜査するのが、不安。

生き残ってくれ……。

『天国と地獄』2話のネタバレ考察と感想!暗闇の清掃人Φの作者は陸(柄本佑)?

2021年1月25日