『半沢直樹2』最終回結末をネタバレ予想!頭取が旧Tの不正融資の責任を取って土下座!

初回から22%の高視聴率をたたき出した『半沢直樹2』。

大和田常務(香川照之)の「施されたら施し返す、恩返しだ!」の名言も飛び出し、まさに絶好調。

そんな『半沢直樹2』の最終回結末はどうなるのでしょうか?

原作との決定的な違いは、中野渡頭取(北大路欣也)が旧産業中央銀行出身(旧S)ではなく旧東京第一銀行出身(旧T)であること。

『半沢直樹2』後半~最終回では、この旧東京第一銀行時代の問題融資が次々に明らかになります。

当ページでは『半沢直樹2』1話~最終回のネタバレと最終回結末予想についてまとめています。

『半沢直樹2』最終回最新予想はこちら。

「生放送!!半沢直樹の恩返し」ネタバレと感想!香川照之の大和田モードが面白い!

2020年9月7日

『半沢直樹2』原作ネタバレ前編【ロスジェネの逆襲】!ホワイトナイトの恐るべき正体とは?

2020年3月25日

『半沢直樹2』原作ネタバレ後編【銀翼のイカロス】!中野渡頭取が土下座?

2020年3月31日



『半沢直樹2』1話~最終回のネタバレと視聴率

ドラマ『半沢直樹2』1話~最終回のネタバレと視聴率をまとめます。

1話のネタバレと視聴率



第1話の視聴率は22%。

出向後の半沢直樹(堺雅人)は、東京セントラル証券の営業企画部部長として働いていた。

職場は、半沢以外の出向組がプロパー社員の森山(賀来賢人)らを軽視していて、険悪なムードが漂う。

そんな中、大手IT企業「電脳雑伎集団」から総費用1500億円の買収案件が打診された。

かつてないビッグチャンスに半沢らは契約獲得に努めるが、なんと東京中央銀行に案件を横取りされてしまう。

『半沢直樹2』1話のネタバレと感想!ラストの大和田の笑みの理由は?伊佐山と裏で繋がっている?

2020年7月20日

2話のネタバレと視聴率



第2話の視聴率は22.1%。

「スパイラル」の買収防衛策として、太陽証券の広重(山崎銀之丞)がホワイトナイトを提案してきた。

ホワイトナイトを引き受けたのは、瀬名(尾上松也)の憧れの「フォックス」の郷田(戸次重幸)。

そんな中、フォックスが株で大損をして身売り先を探していたことが判明。

そんな赤字会社がホワイトナイトになるなどあり得ない。

「半沢直樹2」2話のネタバレと感想!大和田(香川照之)のdeath(死)の発音が笑える!

2020年7月27日

3話のネタバレと視聴率



第3話の視聴率は23.2%。

第3話では、証券取引等監視委員会の黒崎(片岡愛之助)が半沢らの「フォックス買収計画書」を血眼になって探す。

ここでスピンオフドラマでも活躍し高坂圭(吉沢亮)が大活躍。

『半沢直樹2』3話のネタバレと感想!黒崎(片岡愛之助)が替え歌キャラに変身!

2020年8月3日

4話のネタバレと視聴率



第4話の視聴率は22.9%。

第4話では、まさかの半沢と大和田が共闘。

伊佐山、三笠、諸田を一網打尽にする。

『半沢直樹2』4話のネタバレと感想!半沢と大和田の共闘が最高!

2020年8月10日

5話のネタバレと視聴率



第5話の視聴率は25.5%。

第5話では、的場内閣のサプライズ人事で国土交通省大臣となった白井亜希子(江口のりこ)は、帝国航空タスクフォースを立ち上げた。

そして帝国航空の債権者である銀行に、一律7割の債権カットを要求。

タスクフォースのリーダーは、一筋縄ではいかない剛腕弁護士・乃原正太(筒井道隆)。

CHECK!・的場内閣に土下座までして白井を大臣にしたのは、進政党の箕部啓治(柄本明)だった。


このままでは、東京中央銀行は帝国航空への500億円もの借金を肩代わりすることになる。

半沢は苦悩するが、その前に帝国航空が再建可能か見極めることが先だ。

もし帝国航空が『死に体』であれば、政府の言うことに従うしか道はないのだから。


半沢の出した結論は、「帝国航空は再建可能」。

その理由は、社員がきちんと挨拶をして自分の仕事に誇りを持っていたから。


しかし帝国航空の上層部は、銀行が勝手に動き回って政府に見捨てられたら……と懸念する。

特に帝国航空の財務担当役員・永田は、半沢の定「自力再建案」に猛反対。

CHECK!永田は、東京中央銀行からの出向社員。


半沢は、政府に従えば数年は赤字帳消しになるが企業として立ち直れなくなると説明する。

こうして半沢は「帝国航空の自力再建」及び「東京中央銀行の命運」をかけて動き出したが……。


名スパイ・渡真利(及川光博)からの情報で、永田が東京中央銀行時代にゴタゴタを起こして帝国航空に飛ばされたことがわかる。

しかし飛ばされたにしては、異例の出世だ。

兄が代議士なことも関係しているのか?


半沢は、グレートキャプテンの異名を持つ機長の木滝英雄を味方に引き入れ、遂に帝国航空再建プランを完成。

ところが、プランの内容が全社員たちに流出(しかもそれは社員のリストラ部分だけを取り上げ、上層部の組織改革について書かれていない悪意に満ち溢れたものだった)。


半沢は、社員らの人望がある木滝機長の信頼を失ってしまう。

さらに、帝国航空のメインバンクである政府系銀行の開発投資銀行・谷川幸代(西田尚美)は、メインバンクである自分たちを差し置いて勝手に再建プランを作成した半沢に怒りをぶつける。


帝国航空の社員たちへの説明会が迫る中、半沢はメールを流出させた犯人を探る。

半沢は、スパイラルの社長・瀬名の協力を得てメールの送り主が丸岡という人物であることを突きとめ、丸岡がいるパーティー会場へ向かった。


パーティー会場では、白井と箕部が同じ新政党の永田役員の応援に駆け付けていた。

そこには丸岡と永田議員の弟である帝国航空の永田もいた。

つまりメール発信記録のあった丸岡と永田は繋がっていたのだ。


しかし半沢は、大和田に「今すぐ帰って来い」と呼び戻される。

なんと永田議員みずから銀行にクレームを入れたのだ。

永田が、議員の兄に告げ口して半沢を妨害しようとしたのだ。

さらに、白井が半沢が政府のタスクフォースを妨害していると、帝国航空に乗り込んできた。


半沢VS永田

永田:「無駄な抵抗はやめてあとは政府に……」

半沢:「近づかないでもらいたい!あなたからは腐った肉の匂いがする」


帝国航空の社員説明会の日。

半沢は、皆に帝国航空のハイヤーのドライブレコーダーの映像を見せる。

そこには永田と丸岡が繋がっている証拠があった。


半沢の会社を思う気持ちに胸を打たれた木滝が、ドライブレコーダーの入手に力を貸してくれたのだ。

万事休すの丸岡は、遂に永田に全てを頼まれたことを吐いた。


半沢は、全社員の前で「帝国航空を見くびらないでいただきたい!」と永田を一喝。

帝国航空が『死にたい』ではなく再建可能であることを力説した。

永田は会場から追い出され、以降は社員たちは半沢を支持するようになる。

半沢は、タスクフォースに乗り込んで「東京中央銀行は債権放棄を拒否いたします」と宣言した。

6話のネタバレと視聴率



第6話の視聴率は24.3%。

第6話では、はむかった半沢に対して政府が制裁を加える?

黒崎による金融調査が行われて、重大なミスが発覚?

『半沢直樹2』6話のネタバレと感想!曽根崎に指示した裏切り者の正体をネタバレ考察!

2020年8月24日

7話のネタバレと視聴率



第7話の視聴率は24.7%。

第7話では、タスクフォース合同報告会が開かれます。

準主力銀行である半沢の答えは「債権放棄を拒絶します」だが……?

『半沢直樹2』7話のネタバレと感想!箕部が中野渡頭取を呼び出した理由は?

2020年8月31日

「生放送!!半沢直樹の恩返し」のネタバレと視聴率



「生放送!!半沢直樹の恩返し」の視聴率は22.2%

9月6日(日)は、堺雅人さんたち出演者が視聴者からの疑問に生放送で答えてくれました。

第8話は9月13日(日)に延期。

「生放送!!半沢直樹の恩返し」ネタバレと感想!香川照之の大和田モードが面白い!

2020年9月7日

8話のネタバレと視聴率



第8話の視聴率は25.6%。

第8話では、半沢が大和田と組んで、箕部と旧T時代の紀本の癒着関係をあぶり出します。

しかしラストで箕部がとんでもない捏造証拠を出してきて、半沢は謝罪するしかなく?

黒崎が半沢を信じてヒントを出すなど、感動的なシーンも。

『半沢直樹2』8話のネタバレと感想!「3人まとめて」の3人目はこの人!

2020年9月14日

『半沢直樹2』原作の最終回結末は?

『半沢直樹2』の原作の結末についてネタバレします。

『半沢直樹2』後半~最終回の原作は、池井戸潤さんの「半沢直樹シリーズ」第4作目『銀翼のイカロス』。

半沢直樹(堺雅人)が中野渡頭取(北大路欣也)の特命で赤字航空会社「帝国航空」の再建に乗り出す。


今回の半沢の敵は、政治家。

進政党の白井国交大臣(江口のりこ)が「帝国航空再生タスクフォース」を立ち上げて、リーダーの乃原弁護士(筒井道隆)が半沢に巨額の債権放棄を迫りますが、半沢の決断は?

赤字航空会社「帝国航空」の再建と結末


頭取から「帝国航空」再建の特命を受けた半沢は、タスクフォースの「国益のために借金をチャラにしろ」という考えに真っ向から対立。

白井(江口のりこ)の後盾で新政党の重鎮・箕部(柄本明)のカネ問題を暴いて、白井と乃原(筒井道隆)を追い込む。


しかし箕部に問題貸し出しをしていたのは、旧東京第一銀行(旧T)時代の紀本常務だった。

そう、箕部を追い詰めていたら東京中央銀行の過去のスキャンダルも発覚してしまったのだ。


乃原は「スキャンダルか債権放棄か、どっちが得かよく考えてみましょう」と中野渡頭取を脅迫。

中野渡頭取は、頭取の地位を奪われることは何でもなかったが、残される旧T出身者のことを思うと苦悩。


箕部への融資は、旧tが隠蔽するトップシークレットの一つ。

もし不正融資が明るみに出れば、中野渡が今まで力の限りを尽くしてきた「行内融和」が崩れ、外部の調査委員会に銀行内がかき回され、銀行の信用は地に落ちる。

旧T出身者は、中野渡のことを激しく恨むことだろう。

それでも中野渡は半沢を代役に立て、マスコミの前で旧Tの箕部への問題融資を明らかにさせた。


その結果白井は国交大臣を電撃辞任、箕部は離党、タスクフォースは解散。

帝国航空の再建も宙に浮いた。

金融庁が帝国航空を実質破綻先(=問題のある融資先)に分類したため、半沢も手出しはできない。



しかし奇跡的に、進政党内で企業再生支援機構に帝国航空を救済させようとする動きがあるらしい。

半沢は、今の帝国航空ならば必ず再建できると思うのだった。



東京第一銀行時代(旧T)の不正融資と牧野の自殺


半沢が暴いた旧Tの箕部への問題融資は、旧Tの問題融資の氷山の一角だった。


最初に旧Tの問題融資が発覚したのは、東京産業中央銀行(旧S)と東京第一銀行(旧T)が合併して現在の東京中銀行が誕生した直後。

新銀行になってなお“旧Tの闇”が存在していたことが発覚して、東京中央銀行の株価は大暴落。


旧Sは旧Tに対して「なぜ合併前に不正融資を処理しておかなかったのか。まだ不正融資があるのではないか」と当然の不満と不信をあらわにした。


これについて説明できる人物は、旧Tの頭取だった牧野(その当時は副頭取)だけだったが、自殺。

こうして真相は闇に葬られた。

これはいまだに旧S、旧T両方にとってしこりとなっている事件だ。


その当時は牧野の死について深く追及はなされず、中野渡頭取は失われた社会的信用の回復と行内融和に奔走した。

しかし旧Sと旧Tの間には相互不信が根強く残ることになった。
旧Sの主張:旧tはまだ問題貸し出しを隠蔽しているのではないのか。

旧Tの主張:旧sが銀行を乗っ取るのではないかと神経をとがらす。


中野渡頭取の後悔と牧野の死の真相


もう一度牧野の死の意味を問うために中野渡は、検査部の富岡に命令して旧Tの問題融資を再調査。

その結果、多くの問題融資があったことが発覚。


そして、牧野は旧T時代の不正融資を隠蔽するために自殺したのだということがわかった。

中野渡は「牧野さんの決断は間違っていた。生きて真相を明らかにして責任を取るべきだった」と断言。


中野渡は、今でも『行内融和』は夢などではないと信じていた。

自分たちが間違わなければ必ず気持ちは一つになれる。そのためには決して逃げてはならない。

中野渡のこの言葉に、今まで旧T時代のプライドと保身で固まっていた紀本常務の心も動く。


中野渡は、全ての問題貸し出しについて金融庁に報告、記者会見を行って謝罪もした。

紀本も問題貸し出しについて行内調査に協力的に動いた。


とはいえ、紀本の辞任は逃れようのない既定路線となっていた。

紀本だけでなく、問題貸し出しにかかわった人間については何らかの人事が下されることになる。


中野渡頭取の辞職と半沢の新たな決意


ラストシーンは、頭取が半沢を頭取室に呼ぶ。

頭取は半沢の今回の功績をたたえるとともに、自分の考えを述べた。

「当行は合併行だ。旧東京第一銀行時代のこととはいえ、誰かが責任を取らなければならない。私は頭取を辞任する考えだ


その重々しい言葉に、半沢はしばらく言葉に詰まる。

半沢:「お疲れさまでしたと、申し上げるべきでしょうか」

頭取:「疲れたな、確かに。しかし頭取を退いても私はバンカーであり続けるだろう。我々に休息はない」


中野渡は、自らの行動を持って、半沢にバンカーとしての矜持と理想、戦い方を教えてくれた。

半沢は、それを引き継ぐのが自分のの役目だと胸に刻むのだった。

『半沢直樹2』ドラマの最終回結末は?

『半沢直樹2』ドラマの最終回結末を予想します。

原作との違い


まず原作との違いは以下の4点。

  • 原作にはない大和田のその後が描かれる(原作では大和田は出向させられて続編には出て来ない)
  • 1話で大和田常務が頭取から「帝国航空」の再建を任されている(原作では半沢に任される)。
  • 中野渡頭取が旧S(旧産業中央出身)ではなく旧T(旧東京第一出身)。
  • 中野渡頭取が同じく旧Tの紀本常務をわざわざNY支店から呼び戻している。

これらを踏まえて、最終回結末をネタバレ予想していきます。

予想➀:中野渡頭取の辞職


ドラマの結末も、箕部のカネ問題の発覚と共に箕部に不正融資した旧T(=旧東京第一銀行)の闇が明らかになることでしょう。


そして原作と違って、中野渡頭取は問題融資を隠蔽していた旧T側の人間。

つまりドラマでは、中野渡頭取こそが責任を取るべき人間です(原作の中野渡は旧Sなので問題融資に無関係だが、合併後の銀行の責任者として責任を取って辞職)。


なので間違いなく中野渡頭取は辞職の道を選ぶと思います。

中野渡自身は紀本の不正の隠蔽を知らなかったと思われますが、それは言い訳にはならないでしょう。


予想➁:中野渡頭取の土下座


もし中野渡が、旧T時代の紀本の箕部への不正融資を知りつつ隠蔽していたとしたら、これは土下座ものです。

勧善懲悪の半沢に激しく責められることでしょう。


原作では、中野渡は紀本の箕部への不正融資の事実を知りません。

それもそのはず、紀本が箕部のクレジットファイルを秘密倉庫に隠したからです。


しかしキレ者の中野渡が、紀本の隠蔽工作に全く気付かなかったとも思えません。

原作でも中野渡は「行内融和」を信じていますが、その一方で部下を信じきれない辛さも感じています。

信頼できる部下・富岡に、旧tの問題融資について調査させてもいます。


わざわざNY支店から紀本を呼び戻した理由は、半沢ならこの機会に紀本の不正を暴いてくれると思ったからかもしれません。

それでも中野渡は部下の責任は自分の責任とするタイプなので、半沢に土下座する可能性も。

その時に中野渡が前作最終回で半沢を出向させた理由も語られるのではないでしょうか。


予想➂:半沢と大和田の理念がぶつかる


半沢は、真っすぐ過ぎるほど正義感を貫く人物。

対して6話からの大和田は、銀行や頭取を守ることが大事と大義を主張。

この2人の対立の答えが、最終回に出るのではないでしょうか。


予想④:大和田はまだ悪だくみしている


大和田が半沢に大義をぶつけている理由が、正義感が強い半沢を煽るためだという可能性もあります。

大和田の旧Tへの恨みは強いので、この機会に半沢に旧tの闇を暴かせて中野渡頭取の弱点を掴もうとしているのかもしれません。

『半沢直樹2』最終回最新予想

『半沢直樹2』の最終回最新予想です。


8話で、原作同様に紀本(段田安則)と箕部(柄本明)が繋がっていたことが判明。

原作では合同報告会で全銀行が債権放棄を拒否した時点で紀本の勢力は地に落ちるのですが、ドラマの紀本はしぶとく強い。

そして箕部の力も圧倒的でまさに化け物レベル。


しかし皆さん、7話ラストで紀本が誰かに電話していたのを覚えているんでしょうか。

「半沢にしてやられた。別の手を打つ。絶対に債権放棄をみとめさせてやる!」とくだけた口調だったので、箕部相手ではありません。


紀本が電話していた相手は乃原(筒井道隆)です。

実は箕部よりも怖いのが乃原で、乃原は仕事上で箕部と紀本の癒着を掴んで紀本を脅しているのです。


乃原が(ガラが悪いとはいえ)銀行に大きく出られたのは、こういった経緯があったからなのです。

箕部より質が悪い乃原は、中野渡頭取に債権放棄かスキャンダルか選ぶように迫ります。


乃原の怖いところは、白井大臣や箕部がどうなろうとも知ったこっちゃないこと。

いざとなったら全部ぶちまけて、白井と箕部がマスコミの餌食になってもどうでもいいのです。


話は紀本に戻って、ドラマの紀本はけっこうなワルの予感。

牧野副頭取が旧Tの闇を背負って自殺する流れは原作通りですが、ドラマの牧野は旧Tの不正融資の濡れ衣を着せられているようです。


その犯人は、いわずもがな箕部と紀本。

原作の紀本は不正融資に手は染めても牧野の死を悼んでいますが、ドラマの紀本はそうではなく箕部と組んで牧野を殺したも同然ですね。


前シリーズでもそうでしたが、半沢は人の死が絡むと本当に怖い。

土下座候補は、紀本で確定でしょうか。

「生放送!!半沢直樹の恩返し」ネタバレと感想!香川照之の大和田モードが面白い!

2020年9月7日

『半沢直樹2』原作ネタバレ前編【ロスジェネの逆襲】!ホワイトナイトの恐るべき正体とは?

2020年3月25日

『半沢直樹2』原作ネタバレ後編【銀翼のイカロス】!中野渡頭取が土下座?

2020年3月31日