「ニッポンノワール」遊佐清春の記憶喪失の理由は?「NN」による洗脳?

『ニッポンノワール』1話は、ヒロインの死、主人公が記憶喪失と衝撃的なスタート。

遊佐清春(賀来賢人)の記憶が、3ヵ月だけ部分的に抜けているのが気になります。

もし薬物が原因として、そんな都合よく碓氷薫(広末涼子)が班長になってからの記憶だけ消せるものでしょうか?

当記事では『ニッポンノワール』で遊佐清春が記憶喪失になった理由について、ネタバレ考察してまとめています。

「ニッポンノワール」1話のネタバレ考察と感想!OPとEDに結末のヒントが?

2019.10.14

「ニッポンノワール」碓氷薫殺害事件の犯人をネタバレ考察!克喜への愛と薫の正義とは?

2019.10.15



『ニッポンノワール』1話のあらすじとは?

『ニッポンノワール』1話のあらすじは以下です。

生い茂る木々。風が吹きすさぶ森。その中にある一軒の山小屋。
うっすらと瞼を開けた男、遊佐清春(賀来賢人)。

彼の目に最初に飛び込んできたのは一人の女性刑事:碓氷薫(広末涼子)の亡骸――。
そして、自分の右手には拳銃が握られていた。確実に自分が彼女を殺したこの状況。

しかし、清春はなぜかここ数ヶ月の記憶が綺麗に吹き飛んだようになくなっていた。
「笑えねぇ」
焦りや焦燥よりも、苛立ちが先にきた。

自分に薫を殺す理由も道理もない。だが、記憶を失った以上その可能性は拭いきれない。
俺が殺したのか……、それとも何者かにハメられたのか……。

清春はこのままだと自分が疑われるに違いない証拠の数々を綺麗に消し山小屋を後にする。
だがすぐに警察からのお呼びがかかる清春。殺人事件の現場招集として、今度は「刑事」として先ほどまでいたあの山小屋へ向かうこととなる。

薫が死亡したのは2日前。その間無断欠勤をしていた清春は、「警視庁のガン」とも称される前評判も相まって薫殺害の疑いの目を捜査員一同から向けられることに。

そんな中、清春は捜査一課長の南武(北村一輝)から薫の一人息子:碓氷克喜(田野井健)の世話をするように言われる。この出会いが、大きな運命の始まりとは未だ知らず……。

そして、薫殺害事件の捜査はやがて薫が死の直前に追いかけていた「十億円強奪事件」と繋がりを持っていくこととなる。既に解決済みとされていたこの「十億円強奪事件」には、実は警察関係者が犯行に関与していた疑いがあり、その捜査中に薫は命を失ったのだという……。

キナ臭すぎる二つの事件。もしも罪を犯した警察関係者の人間が薫を殺害したのだとしたら……。
この瞬間、清春も含め、すべての人間が今回の事件の容疑者となる―――。

薫殺害の犯人は誰か―――。
なぜ、薫は殺されてしまったのか―――。

薫が追いかけた「十億円強奪事件」との関連は―――。
9歳の息子:克喜が握る母の死の真相の鍵とは―――。
そして、清春の記憶喪失の原因は―――。

疑いが加速し、裏切りが止まらない、アンストッパブル・ミステリー…ここに開幕。
類い希なるキャラクターの数々。次々に動き、化かし続ける謎の連鎖。
一度見たら、誰かと話さずにはいられない。異色異端の「刑事ドラマ」、始まる。

引用元: 「ニッポンノワール」公式HP


遊佐清春の記憶喪失時の状況


遊佐清春の記憶喪失時の状況を以下に整理します。

主人公・遊佐清春の記憶喪失の状況(1話)

  • 目が覚めたら右手には拳銃、左には女上司・碓氷薫(広末涼子)の遺体。
  • 手には血液がついていた。
  • 薫が殺されたのは2日前、清春は丸一日無断欠勤していた(=アリバイ無し)。
  • 薫が班長になってからの3ヵ月の記憶がない。
  • 後半、一部記憶を取り戻す(碓氷薫が克喜を愛していると言った発言について思い出す)。


清春が失ったのは、碓井薫が碓氷班の班長になった3ヵ月前からの記憶。

つまり『刑事ゼロ』の時矢暦彦(沢村一樹)と同じく、部分的な記憶喪失です。


しかし2点気になる点が!

3ヵ月分の記憶喪失なら、宮城に「薫と寝た」と言ったことは覚えているはず(研修時代だから)。

さらに、マスターの栄養ドリンクを「昨日から飲んでいなかった」と覚えていたのも不自然。

そう考えると、3ヵ月の記憶喪失と言うより、薫に関する重要な記憶が抜け落ちていると考える方が正しいかもしれません。

『ニッポンノワール』遊佐清春が記憶喪失になった理由をネタバレ考察

遊佐清春が記憶喪失になった理由をネタバレ考察します。

注射説、薬説





清春は、元ベルムズの貴志正臣(栄信)に証拠隠滅をさせた後、「痒い」と首のあたりを掻いていました。

これはどう考えても虫さされなどではなく、注射を打たれたのでしょう。


清春が記憶をなくしたのは、この注射のせいである可能性があります。

しかし、そう都合よく3ヵ月分だけ、碓井薫の記憶だけ喪失させることが出来るのでしょうか?


記憶喪失を引き起こす薬ではなく、OPの豚インフエンザに関連する薬を打たれた可能性も。

OPの蛙の粘液から作るインフルエンザの特効薬(緑色)かもしれません。


栄養ドリンク説



元刑事で喫茶店「ボナーロ」のマスター・深水喜一(笹野高史)が作る栄養ドリンクもかなり怪しいです。

癒しの塊のような人物ですが、長女を亡くしていることで闇を抱えていそう。

しかし栄養ドリンク説も、都合よく3ヵ月分だけ記憶を失わせるのは難しい気がします。


才門要による催眠術



主人公・遊佐清春は、人を傷つけ始めると制御が効かないアブナイ人物。

それなのに、才門要(井浦新)が「LOOK AT ME!銃をお・ろ・せ」と言った途端、素直に銃を下ろしました(at碓氷薫のマンション)。

才門が清春に催眠術をかけている可能性は高く、催眠術なら3ヵ月分の薫の記憶だけ消すことも可能ではないかと思います。


薫に対するショック





清春と薫は、恋人関係だった可能性が高いです(同期の宮城に「薫と寝た」と言ったことから)。

さらに言うと、克喜が清春の息子である可能性もあります。


そんな清春が薫のことを中心に記憶を喪失した理由は、薫に関するショックなことがあって思い出したくないからではないでしょうか?

具体的には……

  • 愛する薫が目の前で殺されたショック
  • 薫が自分を裏切っていたショック(薫が浮気?)
  • 薫の正体を知ったショック(薫が十億円事件の犯人側に関わっていたとか?)
などが考えられます。

『ニッポンノワール』4話で清春が気絶!原因はNN!



『ニッポンノワール』4話で、清春が謎のガスマスク男に電子画面の「NN」を見せられて気絶しました。

「NN」とは、深水星良(入山法子)が関与していた警察の極秘プロジェクト「ニッポンノワール」のイニシャル。

これは、清春が警察の極秘プロジェクトの組織「NN」によって、マインドコントロールされていると考えて間違いないでしょう。


清春は、警察病院から呼び出されて、記憶喪失について聞かれています。

警察病院もグルで間違いありません。

おそらく栄養ドリンクも関係していると思われますが、そうなるとマスターが黒幕?

『ニッポンノワール』遊佐清春は本当は記憶喪失ではない?

可能性は低いですが、清春が記憶喪失ではない可能性も考えられます。

最も大きな理由として、目が覚めてから証拠隠滅までの決断が早すぎます。


碓井薫の記憶が全部抜けているので悲しまないとしても、パニックにはなるんじゃないかと。

それから全ての痕跡を消していますが、結果として真犯人の痕跡も消すことになるのではないでしょうか?

ここまでのことを淡々とやってのけるのは、やはり真犯人だから?

まとめ

『ニッポンノワール』主人公・遊佐清春が記憶を失った理由についてネタバレ考察してまとめました。

個人的には、薫のことで大ショックを受けた清春の状況を利用して、才門要が催眠術をかけたと思っています。

「ニッポンノワール」十億円強奪事件をネタバレ考察!才門と南武の動きが怪しい?

2019.10.16