「ニッポンノワール」マスター・深水喜一が黒幕?最終回は怪物を殺して自殺?

『ニッポンノワール』で、主人公・遊佐清春(賀来賢人)が飲んでいる栄養ドリンク。

毎話、歯で蓋をこじ開けるのも強烈ですが、もっと気になるのはその中身!

本当に、ただの栄養ドリンクなのでしょうか?

当記事では『ニッポンノワール』の喫茶店「ボナール」のマスター・深水喜一(笹野高史)について、怪しい点をまとめています。

※『ニッポンノワール』9話放送後に追記しました。

『ニッポンノワール』黒幕(犯人)が誰なのか考察!名越のバックにいる人物とは?

2019.12.11



『ニッポンノワール』喫茶店のマスター・深水喜一とは?



深水喜一(笹野高史)は、喫茶店「bonnaro」のマスター。

「bonnaro」は、主人公・清春(賀来賢人)の住むビルの1階(清春は3階に住んでる)にあります。


フリーライター・咲良(夏帆)の父で、長女でカウンセラーの星良(入山法子)は3年前の少年Aこと宝生順平(ほうしょう・じゅんぺい)に殺されました。

いつもニコニコ癒しの人物ですが、実は元刑事の肩書きを持っています。


深水喜一を演じる役者・笹野高史を紹介

深水喜一を演じる笹野高史さんのプロフィール、過去出演作品をご紹介します。

本名笹野高史(ささの・たかし)
生年月日 1948年6月22日
年令71歳
出身地兵庫県
特技トランペット
事務所グランパパプロダクション


笹野高史さんは、数々の映画やドラマはもちろん、バラエティでも引っ張りだこの名バイプレイヤー。

『男はつらいよ』シリーズや『釣りバカ日誌』シリーズの大常連で、『毛利元就』『天地人』など時代劇にも欠かせない存在です。


個人的には、2018年のドラマ『ドロ刑』の大泥棒・大堂吾郎役が印象に残っています。

2019年は、映画『マスカレード・ホテル』『ハルカの陶』『決算! 忠臣蔵』、ドラマ『家売るオンナの逆襲』『やすらぎの刻〜道』『プレミアムドラマ 令和元年版 怪談牡丹燈籠』など話題作に多数出演。

2020年は、『プレミアムドラマ 贋作 男はつらいよ』に出演予定です。

『ニッポンノワール』マスター・深水喜一の怪しい点を考察

『ニッポンノワール』の深水喜一の怪しい点について考察します。

栄養ドリンク



主人公・清春(賀来賢人)が毎話欠かさず飲むのが、深水喜一手製の「栄養ドリンク」。

Twitterでは、このドリンクの中に清春の記憶回復を遅らせる何かが入っているのではないか?の声があります。

他にも、清春が暗示(催眠術)にかかりやすくなる薬が入っているという説も。


もしかしたら、清春は何かの薬の人体実験をされている可能性も?




清春が禁煙のことは忘れていたのに、栄養ドリンクのことは覚えていたのも気になります。


これについては、碓井薫(広末涼子)関連だけ記憶が抜け落ちたというなら、一応説明はつきますが。

※清春に禁煙させたのは、おそらく碓井薫。


大体、清春がなぜこのマスターに全面的信頼を置いているのかがわかりません。

十億円事件に関する話を、マスターと咲良の前でペーラペラと喋ってるし(^_^;)


いざという時に克喜(田野井健)を守ってもらためとはいえ、ちょっと警戒心無さすぎ。

才門(井浦新)から「誰も信じるな」と言われているのにね~。


人柄が良すぎる


深水喜一ですが、どこからどう見ても癒し系の人物。

2話でみんなが清春を「警視庁のガン」「人を殺してもおかしくない」と罵る中、ただ一人「清春くんにもいいところがある」と清春をかばう発言をしました。


いつもほのぼの優しいマスターは、決して感情を荒げることをしません。

しかし筆者には、これが彼の本当の姿とは思えません。


長女・咲良の死


深水喜一は、3年前に長女・星良(入山法子)を亡くしています。

カウンセラーだった星良は、警察の極秘プロジェクトに参加していて、その全貌を暴こうとした矢先に、少年A=宝生順平に刺殺されました。


3話では、宝生順平が刑務所内で整形して風間岳斗に名前を変え、十億円事件の犯人の一人になったことが判明。

星良の妹の咲良(夏帆)は風間に対する怒りに震えていましたが、喜一はいつもと変わらぬ穏やかな態度。


自分の娘がこんな訳の分からない死に方をして、冷静でいられるとは思えません。


元刑事の肩書き


深水喜一は、元刑事です。

独自に星良の事件の真相を追っていると考えて、まず間違いないでしょう。


その過程で、星良の婚約者だった才門要(井浦新)と手を組んだ可能性も。

マスターが清春に栄養ドリンク(催眠術がかかりやすくなる薬)を飲ませて、才門が操る関係とか?


3話ラストシーンで、ガルムフェニックスが喫茶店にやってきましたが、あの中に入っているのは才門かも?

マスター・深水喜一黒幕説が浮上

3話終了時点で、マスター・深水喜一黒幕説を唱える人多数です。



清春に栄養ドリンクを飲ませている点では確かに怪しいけど、3話終了時点でマスターを黒幕と証拠付けるものはありません。

少なくとも、碓井薫を殺す動機は限りなくゼロですよね。

薫は、マスターの娘の星良の遺志を継いで「十億円事件」を追っていたのですから。


仮面ライダービルドと同じ結末?




『仮面ライダービルド』の黒幕がマスターだったことから、『ニッポンノワール』の黒幕もマスターなのではないか?の声がありました。

『ニッポンノワール』マスターは南武修介と敵対している?



マスターは、捜査一課長・南武修介(北村一輝)を敵視しているようです。

4話では「南武は、人の弱みを握って利用するのが上手い人間」「薫さんのお父さんが元警察庁長官だからでしょう。南武には薫さん共々可愛がる価値があったというわけだ」など南武の悪口を言いたい放題。

また、南武の方も、マスターを疑っているようです。

6話では「マスターは、ニッポンノワールを知っていますか」と、まるでマスターがNNと関わりがあるようなことを匂わせました。

『ニッポンノワール』秘密の部屋には何が隠されている?

4話では、喫茶店の奥に秘密の部屋があることが判明。

マスターは、バイトの芹奈(佐久間由衣)に「入っちゃダメ!」と言っていたので、何か隠している可能性があります。

まさか、十億円があるとか?

『ニッポンノワール』8話のEDは深水喜一



『ニッポンノワール』8話のEDに、深水喜一(笹野高史)が登場。

8話ラストシーンで清春が「いつからここに入れてた?俺の体がおかしくなるクスリを」と言って、9話では深水の本音が聞けそうです。

EDでは深水は帽子をかぶってどこかへ出かける様子、まだやり残したことがあるから喫茶店を去るということでしょうか?


深水は電話で誰かと喋りながら、隠しカメラがあった位置を見ています。

電話の相手が誰なのかは不明ですが、碓井政明元警察庁長官ではないかと思われます。


8話で碓氷政明元警察庁長官は、電話で何者かと取引して、克喜への再実験を中止しました。

この相手が深水なのではないか?と予想しています。


ネット上では、深水がガスマスクの仲間で娘の星良の復讐をしようとしているのではないか?という説がでています。

深水がドリンクに何を入れたかはわかりませんが、清春を自分の復讐に利用するためだったのではないでしょうか?

『ニッポンノワール』9話でマスターの正体が判明!結末の鍵を握る?



9話でマスターがNNの主要メンバーで、清春が受けた「Ultimate Program」(人体実験の一種)の開発者だったことが判明。

マスターが定年後にNNに引き抜かれた時には、既にNNの極秘プロジェクトは進行していました。

「極秘プロジェクトとは?」

未成年の犯罪者を国に従順な人間に作り替える。

しかし欲をかいた政府は、軍事力の向上を目指した。

そこで戦闘に特化した兵隊を作るプランが生まれた。

マスターがNNに逆らえなかった理由は、星良(入山法子)を人質に取られたから。

その後のマスターは自分の信念をかなぐり捨てて研究に没頭しました。

プログラムさえ完成すれば、我々親子は解放されると信じて。


しかし星良は「ニッポンノワールもお父さんも許さない」とNNを告発しようとして、殺されました。

マスターは実験データを全て捨てて、NNを抜けました。


ところがプロジェクトは消滅せず、その後も極秘プロジェクトは続行。

組織が、星良が持ち出した研究データを奪ったから。


マスターはNNを抜ける際に、咲良には手を出さないようにNNと以下の取引きをしました。
・研究について一切を口外しない。

新薬(「Ultimate Program」を強化する薬)を完成させる。

東堂銀行の金庫には、十億円以外に新薬も保管されていました。

新薬のデータはもうこの世にはなく、全てマスターが消去。


つまり現存する新薬は形になっているただ一つ、碓井薫はそれを手にしたのです。

清春の記憶だけが、それを知っているというわけです。


マスターは「君の体について説明する前に、君の記憶を呼び覚ます必要がある。真実を知る覚悟はあるか?」と言って清春に2回NNマークを見せて、清春の記憶を呼び覚ましました。

そして娘の咲良に「もう遅いんだ。私は怪物を生んでしまった」と言っていました。


マスターの発言が気になりすぎる9話でしたが、肝心の清春の人体改造についても栄養ドリンクについても何もわかっていません。

マスターが独自に何かを企んでいたことは明白なので、黒幕ではないにせよ最終回には大きなことをしでかしそうです。

『ニッポンノワール』マスターの結末をネタバレ予想

9話でマスターは、自分が怪物を生んでしまった事実を後悔していました。

でも、もう時すでに遅しとも言っていました。


筆者は、新薬(「Ultimate Program」を強化する薬)を投与されたのは清春と才門ではないかと予想します。

しかしマスターは清春に“栄養ドリンク”を飲ませることで、清春の記憶が消されず回復するように誘導したのではないでしょうか?


才門については、もう手遅れだったとか?

最終回は、マスターが才門(怪物)を殺して自殺する結末ではないでしょうか?

『ニッポンノワール』1話から最終回までの各話あらすじ

『ニッポンノワール』1話から最終回までのネタバレ記事です。

「ニッポンノワール」1話のネタバレ考察と感想!OPとEDに結末のヒントが?

2019.10.14

「ニッポンノワール」2話のネタバレと感想!清春が才門に渡したUSBは偽物?

2019.10.21

「ニッポンノワール」3話のネタバレ考察と感想!南武修介は白か黒か?

2019.10.28

『ニッポンノワール』4話のネタバレ考察と感想!ガスマスクの正体は才門?

2019.11.04

『ニッポンノワール』5話のネタバレ考察と感想!才門要がスマホ2台を操る理由は?

2019.11.11

『ニッポンノワール』6話のネタバレ考察と感想!才門とガスマスク男の関係とは?

2019.11.18

「ニッポンノワール」7話のネタバレと感想!才門要は生きてる説浮上!

2019.11.25

「ニッポンノワール」8話のネタバレ考察と感想!ガスマスク男の正体は南武の息子?

2019.12.02

『ニッポンノワール』9話のネタバレ考察と感想!怪物はガスマスクと清春?

2019.12.09

まとめ

『ニッポンノワール』の喫茶店のマスター・深水喜一(笹野高史)についてまとめました。

今後も新情報が入り次第、追記します。

『ニッポンノワール』黒幕(犯人)が誰なのか考察!名越のバックにいる人物とは?

2019.12.11

『ニッポンノワール』に関する記事一覧はこちら